返済計画を見据えて

学生ローンの特徴として、収入の金額が社会人と比較して少額なのに比例して、貸付限度額の上限も低めに設定されている傾向が見られます。結果、外部からの調達を希望する学費に相当する金額全額を、1社だけから借り入れられるとは限りません。ここで注意いただきたいのが、ならばといきなり複数社からの借入を視野に入れてしまわない、慎重な姿勢の重要性です。

クレジットカード契約者が学生であったにせよ、消費者金融業者との契約は社会人が高額の貸付を受ける、すなわちローンを組む際とその責任の重さは同じです。理由に関わらず延滞を生じさせれば、各社設定のペナルティが課せられるだけでなく、延滞が続けばいわゆるブラックリストに載せられてしまいます。これは新たなローンが組めない、貸与されているクレジットカードが利用できないなど、日常生活上の不都合に直結する社会的信用を失った状態ですので、これは絶対に回避せねばなりません。

対して、確実な返済計画に沿って着実に返済を続けさえすれば、それは実績として評価され何のリスクやデメリットが届けられることはありません。まずは内容を正しく理解するところから、学生ローンの扉を開きましょう。そうすることで、ご自身にとってベストな活用法が見出せることでしょう。

〔参照HP〕アミーゴ│学生ローン契約

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket